井原市七日市町の内科・小児科・皮膚科 ほそや医院

0866-62-1373

〒715-0014
岡山県井原市七日市町102

メインメニューを開く MENU
  • HOME
  • 内視鏡検査
内視鏡検査

内視鏡検査について

内視鏡検査について

内視鏡検査は「胃カメラ」ともいわれ、小さなカメラで食道・胃のポリープやがん、炎症などを調べるのに使われます。
最近では、内視鏡はとてもコンパクト(細いものは外径約5mm)になり、以前ほど苦しい思いをすることなく検査が受けられるようになりました。
また、先端に超音波の出る装置をつけて、胃壁の超音波検査も行うことができるようになりました。この場合、普通の内視鏡よりは少し太くなります。
胃カメラを定期的に受けておくことで、万が一胃がんになっていても早期発見の確率が高まります。
特に、ピロリ菌感染、慢性萎縮性胃炎のある方には、定期的な内視鏡検査による予防が大切です。

経鼻内視鏡検査について

当院では、経鼻内視鏡検査を導入しています。

  • 特徴1.吐き気が少ない。
    口からの胃内視鏡と比べて、舌の根元に触れないので「オェッ」という吐き気をもよおすことなく検査を受けることができます。
  • 特徴2.検査中に話ができきます。
    口から内視鏡を入れると口がふさがってしまうために検査中は話ができません。経鼻内視鏡の場合、口を自由に動かせるので検査中も医師と会話ができます。
  • 特徴3.低侵襲の検査です。
    鼻からの内視鏡は鼻腔に局所麻酔を行いますが、麻酔に用いる薬が少量であるため、身体への負担も少なく、検査終了後約30分~60分で水を飲んだり食事をしたり、車を運転することもできます。

検査で見つかりやすい病気

胃がん、食道がん、十二指腸がん、胃潰瘍、胃炎(急性、慢性)、胃ポリープなど

胃内視鏡検査の流れと注意点

検査前日から検査後までの流れを、注意点を含め順番にご説明いたします。

ご自宅~検査まで

検査前日(ご自宅)
  • 前日の夕食は遅くとも夜21時までに済ませるようにしてください。食事制限はほとんどありません。
  • 水分摂取は問題ございません。
  • 日頃服用している薬の服用に関しましてはご相談ください。
検査当日(ご自宅からご来院まで)
  • 検査当日の朝食は控えてください。
  • 検査当日の朝はコップ一杯の水、お茶またはスポーツドリンクは飲んでいただいても大丈夫です。
  • 検査ご予約時間の15分前までにご来院ください。
検査前(ご来院後)
  • 受付を済ませて、診療室へお入りください。
  • 胃の中の泡をとる水薬を飲んでいただきます。
  • 検査台に横になります。
  • 麻酔をします。

検査中~検査後

検査中
  • 当院では経口法、経鼻法どちらでも対応可能です。患者さまと相談の上、決定しています。
    ※一般的に、経鼻法のほうが苦痛が少ないと言われております。
  • 内視鏡を挿入し、胃の中を観察します。
  • 経鼻法での検査の際は、検査中も会話が可能です。
  • 検査は麻酔を含めて10分ほどで終了となります。実際に内視鏡を挿入している時間は5分ほどです。

生検(生体検査)について
内視鏡検査時に胃粘膜から直接組織を採って調べる「生検(生体検査)」を行うこともあります。痛くはありませんが小さな傷ができますので、2~3日はアルコールや刺激物の摂取は避けてください。

検査後(ご帰宅まで)
  • 検査結果をお伝えします。
  • 鎮静剤を使用した方は、院内のベッドで少しお休みいただきます。
検査後(帰宅中・ご自宅で)
  • 検査後2時間は食事をお控えください。それ以降は、いつも通りの食事をとっても問題ございません。
  • 生検(細胞の検査)をした場合は、当日の飲酒はお控えください。

麻酔・鎮静剤等について

<経鼻法の麻酔について>
鼻に止血剤をスプレーで噴霧します。
ゼリー状の麻酔剤をつけた細い管を鼻の中に挿入し、局所麻酔を追加します。
鎮痙剤を使い、胃腸の動きを止めることもあります。
ご希望の方には鎮静剤を注射します。ウトウトと眠い状態になります。

<経口法の麻酔について>
咽頭にスプレーやゼリー状の麻酔をします。
鎮痙剤を使い、胃腸の動きを止めることもあります。
ご希望の方には鎮静剤を注射します。ウトウトと眠い状態になります。