井原市七日市町の内科・小児科・皮膚科 ほそや医院

0866-62-1373

〒715-0014
岡山県井原市七日市町102

メインメニューを開く MENU
  • HOME
  • ブログ
  • 思い出の本島沖でタイ釣りをしてきました。
思い出の本島沖でタイ釣りをしてきました。

 6月初旬、午前7時に笠岡港を出港して、瀬戸大橋の近くにある「本島」方面に船を走らせました。この日は朝から天気も良くて釣り船に乗っていると船尾から出る白波がまるで、帯が流れているように見えます。島の景色も白波に二分されたように後方にあっという間に飛んでいきます。私は開業してからは年に数回は船で釣りに出かけていました。ある時は淡路島の民宿に泊まったり、またある時は山陰の民宿、江田島の旅館に宿泊して釣りをしました。勿論、宿泊するときは宴会付きです。宿泊しなくても、笠岡港や下津井漁港などから早朝の5時ごろから出向することもありました。しかしながら、私も年を取ったため最近は7時ごろの出港が多くなってきました。出港時間は遅くなりましたが、以前と変わらないことがあります。それは、船が港を出ると10分もたたないうちに缶ビールをプシュッと開けます。朝の紺色の海と船から出る白波そして島々の景色を見ながら飲むビールほど美味しいものはありません。今回の釣りは、約2年振りです。コロナ禍も影響してなかなか釣りどころではありませんでした。ところで、今回行く本島は丸亀市に属する島で面積6.74km2で塩飽諸島の中心です。実はこの島に私は今から30数年前にこの島唯一の診療所に勤務していた時期があります。子の診療所は岡山大学付属病院の分院でした。患者様も一日平均10数名でした。のんびりと診療できました。昼からは往診をしていました。往診するとタコやヒラメなどよく頂きました。天気の良い日は遠見山展望台から瀬戸大橋をよく眺めていました。また、診療所の下にある堤防から魚釣りも毎日のようにしました。私のような出来の悪い医者にでも優しく声をかけて頂きました。こんなに懐かしい本島沖でタイ釣りをしているとついこの前、漁船で脳梗塞のおじいちゃんを連れて丸亀の病院に搬送したことを思い出しながら釣り糸を垂らしていました。帰宅して、さっき釣ったばかりの鯛の刺身と冷酒八海山をいただきながら交流戦をテレビ観戦しました。この日は我がタイガースが日ハムに勝ちとても良い一日でした。

写真

釣り船が白波をかき分けて本島方向に進んでいるときの写真です。遠くに瀬戸大橋がかすかに見えますね。

写真

この写真は私が望遠レンズから本島沿岸と天理教の建物を撮影しました。この天理教に昔脳梗塞の患者さんを往診に行き丸亀の病院に漁船で搬送した懐かしの場所の写真です。

写真

これは私が釣り上げたタイとのツーショットです。

写真

ほそや医院研修センター正面に位置する池の中で育った睡蓮が見事に花を咲かせました。この睡蓮の周りでメダカたちがスイスイ泳いでいます。メダカたちを見ていると何故だか心が癒されます。

写真

我が家の庭に咲いた深紅のバラの大輪です。

写真

この写真は私が今年の3月31日にほそや医院の理事長・院長を退任した日に家内からの百合の花のプレゼントです。私は昔からなぜか白百合が大好きでした。もちろんうちの医院の関係の方たちから見事な胡蝶蘭を沢山いただきました。本当にありがとうございました。