甲状腺 糖尿病 専門医 バセドウ病 橋本病 土曜日午後診療 井原 笠岡 福山 矢掛 浅口

〒715-0014
岡山県井原市七日市町102

0866-62-1373

ブログ

求人内容
ブログ
万事塞翁が馬
HOME»  ブログ記事一覧»  院長ブログ

院長ブログ

万事塞翁が馬 院長ブログ
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

思い出の本島沖でタイ釣りをしてきました。

 6月初旬、午前7時に笠岡港を出港して、瀬戸大橋の近くにある「本島」方面に船を走らせました。この日は朝から天気も良くて釣り船に乗っていると船尾から出る白波がまるで、帯が流れているように見えます。島の景色も白波に二分されたように後方にあっという間に飛んでいきます。私は開業してからは年に数回は船で釣りに出かけていました。ある時は淡路島の民宿に泊まったり、またある時は山陰の民宿、江田島の旅館に宿泊して釣りをしました。勿論、宿泊するときは宴会付きです。宿泊しなくても、笠岡港や下津井漁港などから早朝の5時ごろから出向することもありました。しかしながら、私も年を取ったため最近は7時ごろの出港が多くなってきました。出港時間は遅くなりましたが、以前と変わらないことがあります。それは、船が港を出ると10分もたたないうちに缶ビールをプシュッと開けます。朝の紺色の海と船から出る白波そして島々の景色を見ながら飲むビールほど美味しいものはありません。今回の釣りは、約2年振りです。コロナ禍も影響してなかなか釣りどころではありませんでした。ところで、今回行く本島は丸亀市に属する島で面積6.74km2で塩飽諸島の中心です。実はこの島に私は今から30数年前にこの島唯一の診療所に勤務していた時期があります。子の診療所は岡山大学付属病院の分院でした。患者様も一日平均10数名でした。のんびりと診療できました。昼からは往診をしていました。往診するとタコやヒラメなどよく頂きました。天気の良い日は遠見山展望台から瀬戸大橋をよく眺めていました。また、診療所の下にある堤防から魚釣りも毎日のようにしました。私のような出来の悪い医者にでも優しく声をかけて頂きました。こんなに懐かしい本島沖でタイ釣りをしているとついこの前、漁船で脳梗塞のおじいちゃんを連れて丸亀の病院に搬送したことを思い出しながら釣り糸を垂らしていました。帰宅して、さっき釣ったばかりの鯛の刺身と冷酒八海山をいただきながら交流戦をテレビ観戦しました。この日は我がタイガースが日ハムに勝ちとても良い一日でした。

釣り船が白波をかき分けて本島方向に進んでいるときの写真です。遠くに瀬戸大橋がかすかに見えますね。

この写真は私が望遠レンズから本島沿岸と天理教の建物を撮影しました。この天理教に昔脳梗塞の患者さんを往診に行き丸亀の病院に漁船で搬送した懐かしの場所の写真です。

これは私が釣り上げたタイとのツーショットです。

ほそや医院研修センター正面に位置する池の中で育った睡蓮が見事に花を咲かせました。この睡蓮の周りでメダカたちがスイスイ泳いでいます。メダカたちを見ていると何故だか心が癒されます。

我が家の庭に咲いた深紅のバラの大輪です。

この写真は私が今年の3月31日にほそや医院の理事長・院長を退任した日に家内からの百合の花のプレゼントです。私は昔からなぜか白百合が大好きでした。もちろんうちの医院の関係の方たちから見事な胡蝶蘭を沢山いただきました。本当にありがとうございました。

2021-06-16 08:30:00

折りたたむ

コロナ禍ではありますが縮景園、福山動物園、四国水族館に行ってきました。

 新型コロナウイルのお陰で、私達の生活が一変してから1年がたちます。この様な禍はおそらく100年に一度在るか無いかだと思います。旅行、食事会、学会、スポーツ観戦などあげれば数えきれないほどの楽しみがすべてダメになりました。この悔しさは私たち家族だけでなく、日本いや世界中の人々が味わっています。ここに来て、日本でもやっとワクチン接種が始まり一条の光が見えてきたように思います。私は外出する頻度が一年前より少なくなった分だけいろんな本が読める時間が出来たのは良かったと思っています。2月のはじめ孫を連れて福山動物園に行ったり、中旬には家内と広島縮景園に梅の花を見物してきました。3月7日の日曜日は四国博物館に出かけました。コロナに気を付けながら工夫次第では楽しみを見つけることはできます。先日も家内と広島で天ぷらの老舗で食事をしてきました。カラッと揚げたエビ、白ネギ、キス、ゴボウのかき揚げはどこのお店で食べたものより美味しかったです。そして、八海山の冷酒を舌で転がしながら飲むと最高の幸せでコロナによる閉塞感はどこかに行ってしまったようでした。

この写真は縮景園での紅梅と白梅の写真です。紅梅の木にヒヨドリが花の蜜をついばんでいましたよ。

高層ビルから見た日の出の写真です。

福山動物園でのトラの前で撮ってもらった私の写真です。

この写真は孫が喜んで見ていたペンギンちゃんです。

四国博物館の中にある巨大水槽の写真です。

ハマチの大群が泳いでいました。

イルカがボールと遊んでいるところです。

穴子が穴の中に納まっている写真ですがとてもコミカルですよね。

2021-03-12 09:10:00

折りたたむ

広島植物園に家内と二人でいってきました。

 10月中旬の土日を利用して、広島に行きました。コロナも落ち着いているので行きつけのすし屋さんに行きましたがやはりコロナ対策はできており安心して食事を楽しめました。翌日は足を延ばして植物園に行きました。睡蓮を集めた建物の中に入りました。そこには、モネの描く睡蓮とダブるものがありました。中南米に多い各種ランの群生しているところをゆっくりと鑑賞しました。やはり、植物を見ていると何だか心が癒されますね。

植物園に入場すると赤・黄・オレンジ色のヘリコニアの絨毯が出迎えてくれました。

この写真はロングウッドオオニバスと言ってスイレン科の中でアマゾン・パラグアイに自生する巨大水生植物で葉の直径は1.5から3メートルあるそうです。そこでの記念写真です。

モネの睡蓮を想像させたハスのプールです。

この写真は自宅の庭にある池に植えているハスとホテイ草です。この池にはメダカがたくさん泳いでいます。

咲き誇っているセイジに囲まれている私です。

温室内で見事に咲いている各種ランの写真です。

2020-10-23 09:24:00

折りたたむ

発熱患者さん専用の小屋を作りました。

 ほそや医院にとって、発熱患者さんと健康な患者さんの導線を如何に分けて感染を未然に防止することはこれまでの課題でした。これまでにもうちの医院でもそれなりに工夫をしていました。しかし、この冬は新型コロナとインフルエンザ同時流行も懸念され始めています。そうなると、予防接種に来られた子供さんや慢性疾患の高齢者の人たちの感染予防に一掃確かなものにする必要があります。そこで、ほそや医院では裏の駐車場に5畳ほどの小屋を建てました。小屋と言ってもプレハブと違って普通の住宅並みの断熱材も使用していますし、24時間換気の設備もあります。それに、オゾン発生器も完備しています。もちろんエアコンもあります。これまでは、発熱患者さんは車で診察していましたが、冬を迎え寒くなりますし、プライバシーも保てません。お腹の診察にはベッドも必要です。小屋にはベッドもありますので、スタッフの負担もこれまでと違って軽減できます。小屋があればインフルエンザ検査やコロナの検査も可能となります。患者さんの健康を守り適格な診断と治療が小屋を建てたことで可能となります。

これが外から見た小屋の外観です。

この写真は小屋の室内でベッドもこのように設置できました。

これが診察用のテーブルとオゾン発生装置です。

ガウンとフェイスシールドも備えてあります。

2020-10-22 11:21:27

折りたたむ

猛暑の中、おかやまフォレストパーク ドイツの森に行ってきました。

 新型コロナの感染拡大はとどまる様子は一向にありません。そんな中の日曜日、私達夫婦と孫たち7人でドイツの森へ行きました。うだるように暑い日にもかかわらず多くの家族ずれが来ていました。コロナ感染対策に入場時の検温、三蜜対策もなされていました。19時30分から花火大会があるため広い駐車場は車で一杯でした。ふれあい広場では、ヤギやロバ、ウサギそれからアヒルへの餌やり体験ができるので孫たちは大喜びでした。

ふれあい広場に居たアルパカです。

この写真はヤギがアスレチックをしていて、ロープで餌をかごに入れて滑車でヤギのいる上まで運ぶ遊びをしているところです。

キバナコスモスが一面に咲いてとても綺麗でした。その前での私です。

7月下旬に平山郁夫生誕90年を記念した絵画展を見に福山美術館へ行きました。

この写真は美術館の前に高橋秀幸さんが造った赤いアーチの全景です。この中に足を踏み入れると曲が地下から聞こえてきます。それが面白いので2歳の孫は2時間もそこに居ましたよ。私達は熱中症になる直前でした。(笑い)

2020-08-18 12:54:58

折りたたむ

人生初の入院を経験しました。

 私は4月23日から29日まで人生初の入院を経験しました。2月の人間ドックで胃線種を指摘されました。私も医者の端くれですから胃線種は癌化することもあるので切除が望ましいと考え入院を決心しました。治療としてはESD(内視鏡的胃粘膜下層剥離術)を受けました。少し話がそれますが、今年は干支が子の年なので昔からネズミ年は繁栄するといわれているので初詣でも良いことがありますように祈願しました。ところがふたを開けてみると新型コロナは流行するし、私も3月中旬にはめまいで診療を4日間開業して初めて休みました。幸い、長男が診療をしてくれたから医院を休診することなく私もゆっくり休むことができました。めまいはそれこそ研修医の頃ですから30数年ぶりに起きました。今年はあまり良い年ではなさそうだと思っていたら入院となりました。ESDを受けた後は3日間絶食でした。始めは絶食に耐えられるか自信ありませんでした。というのも普段よく食べ、よく飲む生活を40年間してきた私ですから。入院中は個室でしたが9階の部屋から岡山駅方面が一望出来てJRの在来線や新幹線が岡山駅を出発したり到着するのをじっと眺めていました。それに飽きると3、4冊持ち込んだ小説を読んで過ごしました。看護師さんが時間ごとに点滴を持ってきたり血圧や採決をしてくれるのが待ち遠しく思われました。それというのもコロナの発生で面会禁止になっていたので家内も来たくても来れませんでした。一人で病室にいると今頃は患者さんの検査をしているころだとか往診の時間だとかなどなどついつい思ってしまいます。主治医から退院後一か月は禁酒と言われていましたので忠実に守りました。晩酌をしないから食べすぎることもなく体重も入院前より4キロ減少しました。腹囲も97cmから92cmとなりズボンもぶかぶかとなりました。現在の私は体重も72キロを維持して以前のように浴びるようにお酒も飲まなくなり健康になりました。私の医院のホームページにも掲載しているように「人生塞翁が馬」を地で行ったように思います。

これはある日の病院の夕食の写真です。

退院前日部屋の窓からとった夜の景色です。

妻の運転で退院後初めて我が家に戻った時、庭のハナミズキが出迎えてくれました。とても綺麗な花をつけて咲き誇っていました。

この写真は私の誕生日に職員たちのお祝いの花束とのツーショットです。

6月下旬に福山は春日池公園に家族と花菖蒲を身に行きました。この写真は菖蒲畑の一コマです。

この写真は私の好きなアジサイの写真です。

アジサイとバックの菖蒲の花がマッチしてますね。

この写真は菖蒲畑で悦に入っている私です。

春日池公園にはバラ園もあります。少し時季外れでしたがまだこんなにきれいにバラが咲いていました。

2020-07-08 09:46:16

折りたたむ

コロナに負けないようにお出かけしました

 世界中が今、新型コロナウイルスでこれまで経験したことがないことばかりが起きている。日本も例外でなくその真っただ中で日本人皆が不安な日々を過ごしている。緊急事態宣言が発令され各地では混乱が起き、経済も大変なことになっている。こんな時でも季節は忘れないで巡ってくる。小田川沿いの桜も見事な花を咲かせているが、何故か例年のように桜を見ても心が弾まないのは私だけであろうか。梶井基次郎は桜の木の下には屍体が埋まっている!これは信じていいことなんだよ。何故って、桜の花があんなに見事に咲くなんて信じられないことじゃないかと。述べているように本当に桜の花の群衆はその中に引きずり込まれそうになる。桜の花びら一枚ずついろんな怨念が隠れているのかもしれないと思うこともある。だから私は桜の花が風に吹かれて散っていくさまがとても好きで心から安堵する。

この写真は4月3日のお昼に小田川沿いで見た美しい桜です。

これは私と桜の木とのツーショットです。

桜の木が今にも川面に届きそうですね。

この写真は2月11日広島の縮景園での紅梅の写真ですがメジロが写っているはずですが皆様分かりますか。

広島県立美術館にバレルコレクッションを見物に行った時の私です。

この写真は広島のマンション40階からの風景写真です。遠くに広島湾が見えますね。また、川面が光っています。

2020-04-16 09:28:22

折りたたむ

冬の鎌倉に行ってきました。

 私達夫婦は12月15日から1泊2日で冬の鎌倉を訪れました。井原を朝早く出発して新幹線で新横浜まで乗車し、その後観光タクシーで鎌倉に向かいました。私は何度も鎌倉を訪れていますが家内は2度目の鎌倉行きでした。今回の旅行は由比ヶ浜、稲村ケ崎、江ノ島からみる富士山の景色を見ることが目的でした。鎌倉から富士山を見るためには冬の寒い朝方と日没前が最適と本に書いてあったのでこの旅行を企画しました。それと横浜美術館でルノアールとパリを愛した12人の画家たちというタイトルで展覧会を見ることもおまけの目的でした。

新幹線で東京に行くことは年に数回はありますが新幹線の中から富士山がきれいに見えることはめったにありません。しかしこの日は久し振りにきれいなフジが車窓から見えました。
 

この写真は稲村ケ崎から見た富士山の写真です。朝早く宿泊先の鎌倉パークホテルを出て家内と散歩した時に見た富士の写真です。
 

富士をバックに満足している私です。
 

長谷寺での私の写真です。今年は台風による潮風のせいで紅葉がもう一つでくすんだ紅葉でした。
 

この写真は鎌倉は小町通りの中にあったフクロウの館をタクシーの運転手さんが案内してくれました。フクロウは幸福をもたらすそうです。3羽のフクロウがとても可愛いですよね。
 

この写真は横浜美術館前でのイルミネーションです。とても綺麗でした。ランドマークタワーも天に向かってそびえていました。
 

11月24日に阪神タイガースファン感謝デイに行ってきました。この日はプレゼントに濃紺のひざ掛けをいただきました。この写真は球場で近本選手にインタビューしているところがモニターに映し出されたものです。
 

この写真は新年1月4日に孫たちとみろくの里イルミネーションを見物に行った時の写真です。
 

細谷家総勢14名で金光に初詣した時の写真です。

2020-01-23 10:37:00

折りたたむ

岸和田だんじり祭りに行ってきました。

 9月15日の昼から家内と二人で岸和田だんじり祭りに出かけました。実は、「アヤコ食堂」で食事をしながらだんじりを見学するという企画に二人が招待されました。アヤコ食堂とは例のファッションデザイナーのコシノ3姉妹(ヒロコ、ジュンコ、ミチコ)のお母さんである綾子さんが1934年岸和田市でミシン1台でコシノ洋装店を開業して苦労して3人のファッションデザイナーを育て上げました。この思い出の場所に出来たのがおばんざいアヤコ食堂なのです。ドラマ「カーネーション」でも2階から見るだんじりが放映されていましたが私達もこの食堂の2階からだんじりを見学しました。だんじり祭りを堪能した後は梅田に戻り宿泊しました。あべのハルカスにまだ行ったことがなかったので天王寺まで足を運びました。ハルカスは201437日に全面開業したので実に5年経過してやっと行くことができました。展望台は地上300メートルでそこからは大阪市内ばかりでなく神戸のほうまで見ることができました。40数年前に私は天王寺にある予備校で化学の講師をしていたことがあるのでとても懐かしくまた時の流れの速さに驚愕していました。

コシノヒロコさんたちがアヤコ食堂の2階から祭り見物客に手を振っているところの写真です。
 

これは提灯200個を灯した夜間の曳行で、昼間の有名な「やりまわし」を動とするとこれは静を演出しています。
 

だんじり提灯の前での私です。この私のしている鉢巻きはコシノファミリーの住んでいたところを五軒屋町独自の鉢巻きだそうです。
 

あべのハルカス屋上から見た風景写真です。
 

屋上での私の写真です。
 

9月の中旬、タイ狙いで釣りに出かけました。ビギナーズラックとでもいうのでしょうか、御覧のように大きな鯛を釣り上げ満面の笑みの私です。
 

7月31日甲子園に野球を観戦に出かけた時の写真です。実は、この日の試合途中にほそや医院の記事が電光掲示板に流れるということなのでそれを見に行きました。確かに6回が終了した時に私の書いた糖尿病になったら気を付けたい5項目が流れ出したときは感動しました。
 

この写真は我が家の愛犬ラブちゃんの写真です。可愛いでしょう。
 

我が家の庭にヒヨドリが巣を作りました。生まれたひなの写真です。4年前にも同じところにヒヨドリが巣を作りひなを育てていました。この時はひなが巣立ちするまで観察しましたが、この度は可哀そうに巣立つ前にカラスの襲撃を受け3匹ともカラスに連れ去られました。

2019-11-12 11:20:10

折りたたむ

古希の思い出に湯河原・箱根方面に行ってきました。

 私は6月18日で70歳になりました。そう言えば、先日国民健康保険高齢受給者証が届きました。自分では今でも現役で仕事をしているし、スイミング、ジム、ゴルフをこなしているので高齢だとは思ったことはありません。しかし、現実は高齢者と言う集合の中に入っていることには間違いありません。でも高齢者と言う集団の中にいるお陰でよいこともあります。それは美術館や動物園、映画館の入場料、ゴルフ利用税などで特典もあります。7月6日から8日まで古希旅行に湯河原・箱根方面に家内と二人で旅をしてきました。湯河原は昔から文豪が数多く集まり、特に芥川龍之介が長期逗留していた中西屋旅館は有名でその跡地に近いところにあの舛添要一前都知事の別荘があることはあまりにも有名なお話です。その別荘に50回も公用車で来ていたそうですが、私達も初めて湯河原に来ましたが有名人が来たくなる要素を備えたところでした。箱根では主に美術館巡りをしました。昔から家内がラリックの工芸品に興味があったので箱根ラリック美術館を訪問しました。中世貴族の洋館を思わせる箱根ガラスの森美術館はとても綺麗でした。レストランではカンツォーネの生演奏を聴くことができました。そして、星の王子さまミュージアムにも行きました。大学時代ドイツ語の授業で星の王子さまを読む授業がありましたのでサン・テグジュペリの名作星の王子さまの内容はよく知っていました。内容は大人が読んでも面白く人生の生き方を教えてくれる内容だと思います。サン・テグジュペリが生きた時代のフランス風の街並みが再現されておりまた彼の自筆の手紙や写真そして星の王子さまがどのような経過で物語ができたかもわかる資料もあってとても楽しかったです。美術館巡りで疲れた私達は2泊目の宿泊先箱根離宮に向かいました。箱根の山並みの見える露天風呂にゆっくりつかり和食レストランで懐石料理と日本酒を堪能しました。翌日は箱根湯本から小田急ロマンスカーで新宿まで行き山手線に乗り換え新橋に行きました。そこから、歩いて銀座シックスを目指しました。やはり、銀座はいいですね。少し買い物をして20時10分発の桃太郎空港行きの飛行機に乗るため羽田空港を目指しました。2泊3日の古希旅行はこうして終わりを遂げました。

箱根駅伝の往路ゴールの碑の前でゴールした気分を味わっている私です。
 

芦ノ湖畔にある成川美術館の総長50メートルにも及ぶ大パノラマ展望ラウンジからの写真です。晴天なら富士山も見えるロケーションでしたが残念ながら見ることはできませんでした。
 

このクラシックカーはラリック美術館においてあるものです。ルネ・ラリック(1860-1945)は宝飾とガラスの二つの分野で時代の頂点を極めたフランスの工芸家です。
 

ガラスの森美術館の入り口にあったガラスでできたアジサイの写真ですよ。
 

これもガラスの森美術館で、大涌谷を一望することの出来る庭園で撮影したクリスタルガラスの競演している庭園の風景です。
 

この写真は星の王子さまミュウジアムを訪れた時の王子さまとのツーショット写真です。
 

星の王子さまの物語の中で王子さまの星に咲いたきれいなバラ、このバラが言葉で王子さまを振り回すようになってそれに耐えきれなくなった王子さまは自分の星から逃げ出すくだりがありますがこれが問題の一輪の美しいバラです。
 

この写真は銀座シックスの屋上にある庭園の写真です。周りのビルが無ければ普通にある地上の園庭ですよね。
 

屋上庭園での私です。

2019-08-20 10:27:00

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
PAGE TOP